• TOPページ
  • 会社概要
  • 嶋和の3つの輪
  • 取扱野菜一覧
  • 野菜レシピ
  • 今月の野菜

TOPページ > 今月の野菜 > 葉菜類

今月の野菜

今月ご紹介するのは、「しいたけ」です。
「しいたけ」は東南アジアで広く食べられているお野菜です。
調理もしやすくとても便利で、料理やメインにも脇役にもなれる「しいたけ」ですが、子どもの嫌いな野菜には大体登場してしまうというのも有名なお野菜ですね。
この極端な二面性を持つ「しいたけ」ですが、実は低カロリーで旨みもたっぷり、食物繊維やミネラルまで含んでいる強者なのです。
中国では『香蕈(こうしん)』と称して生薬としても利用されている健康食品でもあるようですね。
調理する前に朝から夕方ぐらいまでの、短い時間でも干してから調理すると、旨みがグンっと増すのでオススメです。
煮てもよし、焼いてもよし、炒めてもよし、揚げてもよしの「しいたけ」を今年からは、少し意識して取り入れてみてはいかがでしょうか?
 

今月ご紹介するのは、「マッシュルーム」です。
可愛い形でとても愛くるしいきのこですが、最近は口臭予防、体臭予防、便臭を和らげるなどの効果がTVや雑誌の特集で、話題に上ることが多くなっている、注目度の高い野菜ですね。「マッシュルーム」は生でも食べられる唯一のきのこで、手に入れることも難しくもなく、手軽に毎日のお料理に活用できる野菜です。
サラダに生で入れても食感や風味を楽しめるし、煮込み物や炒め物、付け合せなど幅広く活用できます。
切り口が空気に触れると変色してしまうので、生でいただく場合はレモン汁をかけるなどの一手間で、お料理の出来上がりが違ってくるようです。
可愛い形を活かしたお料理でも、忍び込ませて話題の効果を狙っても楽しい食卓が期待できそうですね。
一言で「きのこ」と言っても一体どれ?
というほど「きのこ」の種類は多く、色、形、香りも様々ですよね。
「きのこ」って植物なの?という疑問はありませんか?
実は「きのこ」は植物でも、動物でもない『菌』の仲間。
『菌』と言われるとあまり良いイメージがないかもしれませんが、「きのこ」には
解明されていない謎がたくさんあり、とてもミステリアスな『菌類』なんです。
地球上の菌類は約7万種以上。しかしこのうち明らかにされているのは、
ほんの数パーセントに過ぎないといわれています。
研究者にとっては、今後の研究によって素晴らしい発見が期待できる、
宝の箱と言えるかもしれません。
「きのこ」は成分のほとんどが、水分なので、どんな料理にも相性が良く、
旨味成分を多く含んでいます。
この時期に旨味たっぷりの「きのこ」を美味しく楽しみましょう!
なぜこの時期に「松茸」?と思う方もいらっしゃるでしょう。
秋の代表的な旬の味覚「松茸」ですが、実は市場では6月後半ぐらいから出始めます。
一般的に旬と言われる8月下旬〜10月中旬には価格が上がってしまい、なかなか手が出せないことが多いです。
今年こそは「松茸」をと考えているならば、価格の少し安いこの時期がオススメです。
「香り松茸味しめじ」と言われるように、松茸の最大の特徴は『香り』土瓶蒸しや松茸ご飯など香りを生かした料理が一般的です。
他のきのこ同様に、「松茸」は加熱することで旨味成分が増すので、加熱調理をしてから召し上がってください。
「松茸」は調理してしまえば、冷凍保存もできるので、このお得な時期にぜひ「松茸」を存分に楽しんでいただきたい。
少し早めに購入して調理したものを冷凍保存をしておき、秋を感じ始めたら存分に楽しむという賢い裏技なんです。
日本のきのこ食文化の歴史は古く、縄文時代中期から食物として利用され「松茸」を模した「土人形」が出土しているほど。
我々日本人のDNAには、秋は「松茸」の記憶が脈々と刻まれているのかもしれませんね。
取扱野菜一覧
夜の八百屋さんYahooショッピング店 嶋和公式ブログ あなたの自慢の野菜を大田市場で販売しませんか? 野菜レシピ お野菜Q&A 野菜に関するQ&A聞いてみたいこと、知りたいことに、嶋和的にお答えします。 今月の野菜 お仕事一日密着!
ページTOPへ